ご利用者様の感想・体験談

”誰にでも出来る「ネット・クレーンゲーム」入門”

2016/05/30

ソーシャルレビュー「Zigsow(ジグソー)」からのユーザーレビュー 

by hachiさん

>>Zigsowサイトへ

こんにちは、ゲーマーのhachiと申します。お初にお目にかかる方も多いと思いますが、ゲームセンターのクレーンゲームで希少な景品を次々とゲットする「一撃10個取り」のhachiとして、昔からクレーンゲームの腕には自信があります。
「クレーンゲームは単なる技術ではない!」が信条で、クレーンゲームをプレイすることは私にとって「知恵の輪を解くような頭の体操」です。
今までもっぱらリアルのクレーンゲーム派だったので、今流行のオンラインクレーンゲームに手を出すことには、正直期待と不安が入り交じっています。しかし、ここはクレーンゲームの達人“hachi船長”として、「モバクレの遊び方」をじっくりレクチャーしていきます!

”登録は簡単!すぐに遊び始められます”


「モバクレ」は、パソコンでもブラウザ上で遊ぶことができますが、スマホでもプレイできます。そこでまずはスマホで遊ぶための「スマホでの登録」について説明します(ここでは「iPhone 6S」を使った登録の手順を紹介しますが、パソコンから登録する場合の手順もほぼ同じです)。

App Storeアイコンをタップしてアプリを起動。検索窓に「モバクレ」と入力。すると、“「モバクレ」ネットでできる~”という項目が表示されますので、これをタップします。

画面の表示に従い、「入手」「インストール」「開く」の順に文字をタップします。

アプリが「送信通知許可」を求めてくるので、「OK」をタップ。「モバクレ」はオンラインでの情報のやり取りが必須のため、OKを押さないと先に進めません。

「新規アカウントを作成」のボタンをタップ! メールアドレスとパスワードの欄は空欄でOKです。

「登録ログインID(メールアドレス)」の欄に、登録用のメールアドレスを入力。正しくアドレスを入力したら、「このメールアドレスへ招待メールを送る」ボタンをタップします。

招待メールの申し込みは以上で完了です。
登録したメールアドレスに「モバクレ」からメールが届くはずです。 一定時間内に登録しないとキャンセルされますので、メールに記載された登録用URLからアプリを起動し、必要事項を入力して24時間以内に登録を完了させましょう。

”ログインしてみよう!”

練習をしっかりとしておけば問題はないはずです!プレイ出来るゲーム機の台は約80台ありました。
景品ごとにプレイ料金は違いますが1ゲーム100~150ポイントくらいです。
さぁ、あとは落ち着いて景品を狙うだけ!!私はワンピースの台を選択しました


(iPhone APPの起動中画面です)

(モバイル用のログイン画面)

ログインIDに登録したメールアドレス、設定したパスワードを入力し、「ログイン」ボタン押します。


パソコンのブラウザ上で見る場合と少し画面が違います。アプリ版はプレイ台が一覧表示されず、かわりにスクロールでプレイ台が選べるようになっています。


(パソコンのブラウザ上ではこんな感じに一覧表示されます)

”パソコン版でいざ出陣!”



リアルのクレーンゲームに不慣れな人は練習台を選んでみましょう。まあ、腕に自信がある方なら「練習」は不要です。というのも、練習台はあくまでも「練習」のためのゲーム機なので、景品を落とせてももらえないからです

ただ、リアルに比べてオンラインでのプレイには、スイッチの操作やカメラの表示切り替え時にわずかな遅延があるのも確か。これを実際に体験して感覚をつかむという点では大いに意味があるといえます。
そこで、「まずは練習しよう!」と思って練習台を探したのですが、思いのほかゲーム台の数が多くて迷ってしまいます。

ここで、「モバクレ」さんが公式ツイッターアカウントを利用して、オンラインで丁寧なサポートをしてらっしゃっていたのを思い出しました。
時間をかけて探せば見つけることはできますが、急いでいたのでツイッターで直接質問してみました。
すると、ほぼ「リアルタイム」で返答が! とても行き届いた対応です。こういう心配りはユーザーとしてとても安心でき、「今後ここで遊ぶときも心配ないな!」と思わせてくれました。

オンラインサポートのおかげですぐに練習台が見つかりました。ありがとうございました!

練習台にチャレンジしてみたときの画面。直前の画像をキャプチャーしてないため証拠にはなりませんが、練習台でも景品を落とすことができました。

”いよいよ実践!”

最初に臨んだのは、「ワンピース DRAMATICSHWCASE~7th season~vol1.2(ミホーク)」の台。
昔から取れたためしがないため普段は手を出しませんが、せっかくなので挑戦してみました。

いい感じにキャッチできたので一見成功!のようですが、残念ながら「獲得」ならず…。大きな画像の左上に景品の端がちょっとだけ見えていますが、これは一時的に持ち上げているからです。

次の瞬間、持ち上げた景品が「ほとんど元の位置」に落ちてしまいました(運が悪いのではなく、この台は「そういう仕様」のため、こういうこともあるのです)。
オンラインで初ゲットなるかという記念すべき瞬間を残そうと興奮しながら撮影を準備してましたが、あまりの展開にしばし呆然としてしまいました…。今はもう平気ですが、あの瞬間はかなり落ち込んでました。
やっぱり、オンラインになろうと、このタイプは「不得意な台」に変わりありません。

さて、気を取り直して今度は、「ワンピース JEANS FREAK Vol.11(たこ焼き設定台)」に挑戦しました!!
本来、ある程度コンティニューすれば誰でも景品がゲットしやすい台のはずなのですが、今回は本当に運がありませんでした…。
たこ焼き設定の台は、穴が15個あるからといって「15回続ければ必ず景品がとれる」という単純なものではありません。見かけよりもはるかに当たりにくいです。 このあと、別の台にも挑戦する予定でしたが、この台で資金が尽きてしまいました…。

” iPhoneからも遊んでみる”

パソコンのブラウザからも挑戦した「ワンピース DRAMATICSHWCASE~7th season~vol1.2(ミホーク)」に、アプリ版からリベンジ!! この画面では中央にワンピースの台が表示された状態ですが、他の台に切り替えたい場合は「横スイープ」操作で変更できます。

クレーンゲームの画面です。コントロールボタンの位置はブラウザ上とほとんど同じレイアウト。 コントロールボタンのすぐ上にあるカメラのボタンで画面表示を切り替えることができます。 プレイせずに台選択に戻る場合は、右上の「Back」ボタンをタッチしましょう。

カメラ表示を切り替えてみました。上から見下ろす状態なので、景品の位置がつかみやすいです。

アプリ版でも練習台で何度か操作感を確認しましたが、コントロールボタンの動作などは正常です。
ただ、入力や表示の遅延は、LANケーブルでネットに有線接続したパソコンりよりも若干大きい気がしました。
少し練習台で操作に慣れれば、気にならないレベルだと思います。 若い人はアプリ版でも充分楽しいと思いますが、hachiみたいに「そうでない人」には少しキツいかも知れませんね。

” 現状での「hachiの敗戦」は認めます”


今回のチャレンジで、「一撃十個取りのhachi」のプライドがまったく傷つかなかったわけではありません。
しかし、このレビューに応募したことは決して後悔していません。
なぜなら、自分は”White hat hacker hachi”だからです。たとえ皆から「嘘つき!」と後ろ指をさされても、自分の評判は自分の力できっと回復します。ハードルは高い方がより「闘志」が湧きます。
近い将来、きっと「モバクレ」の運営事務局の皆さんが焦って、「hachi対策」を講じるために連日会議を開くという状況を、必ずや実現させたいと思います!

” 「これからのネットゲーム」として「アリ」か?”

充分、「アリ」だと思います!
ただ、これからもっと多くに人に遊んでもらうためには、「軽さ」「スピード」を実現するプログラムの改善が求められると思います。
もちろん、今だって十分努力なさっていることでしょうが、今後より一層の改善をしないと…と私は考えます。
ファンが増えればアクセスが増え、サイトも重くなります。ゲームのプレイに速い回線を推奨されていますが、「携帯・スマホ」から遊ぶ場合は、条件がさらに厳しくなりそうです。

さらに、ほかの競合他社も同様に頑張っているのだから、もっともっと「モバクレの独自性」を伸ばしていくべきだと思います(中には、「24時間営業」ってところもあるみたいですね。法律的に問題なさそうですが、 終日営業となるとメンテナンスが大変そう…。
クレーンゲーマーとしては、「いつ行っても遊べる!」ってのはとても嬉しいことですけどね)。

着港

”もうひとつ感じた良いところ!”


たまたま、同業他社様のサイトを覗いていて驚いことなのですが、中には「1ゲーム1200ポイント」とか「1500ポイント」といった「極めてギャンブル性の高い台」も見受けられました。
たしかに、魅力ある商品ではあるのですが、オンラインクレーンゲームとしては、「ちょっと?」と思ってしまうこともあります。
やっぱり、クレーンゲームは1ゲーム「100ポイント~100ポイントちょっと」で遊べるところが魅力だと思います。そういう意味では「モバクレ」さんはとても健全ですね。

>